伝えたい思い

先日…。

虹の橋を渡られた、

マロウちゃんのママより、

「沢山の方へお伝えしたいです」と、

お手紙をいただきました。

ご紹介させて頂きます。

マロウと初めてお話ししたのは、

なくなる数日前でした。

好きな食べ物行きたい場所を知る事ができて、

元気になったら叶えてあげようと思ってました。

その時はまた、

元気になると信じていました。

しかし体調が急速に悪化し、

ご飯を食べなくなり…

足腰が弱々しく立てなくなって…

慌ててマロウに聞いてみると、

「ママはマロウがいなきゃダメ?

もうこれ以上治療しても結果は同じ…

もうこの体は限界にきてるよ。」

その言葉に、

マロウと一緒にいられる時間が、

残りわずかなんだと知りました。

どうしていいか迷う時間もなく、

最後は私の腕の中で…

大好きな食べ物を

一口も食べることが出来ず…

何もできませんでした。

マロウが好きな場所に

たくさん連れて行きたかった。

大好きなフルーツ、

お芋やチーズを、

もっとたくさんあげれば良かった…

いつも一人で

お留守番は寂しかったね。

お膝の上で撫でてもらうと安心するんだね。

もう撫でることも、

抱きしめることも…

私がマロウにしてあげられる事がありません。

もっと早く、

動物通訳のことを知ってたら

マロウをたくさん幸せにできたのに…

今も、

後悔と喪失感で毎日涙がとまりません…

私のように苦しむことがないように、

もっとたくさんの方々に、

ワンちゃんネコちゃんの気持ちを

知ってもらいたい。

一緒にいる今なら、

その気持ちに応える事が出来るから。

いつも側で癒してくれるこの子の声に、

耳を傾けてあげてほしい。

この子を幸せにできるのは、

飼い主さんだけだから。

もっとペットの声を聞いて、

私のように後悔で苦しまないように…

一人でも多くの方にこの思いが、

伝わりますように。。。

マロウちゃんに会えなくなって1ヶ月。

今日はマロウちゃんの月命日…

「思いをかたち」にと、

筆をとってくださいました。

私が初めてお会いした時は、

この上ないほどの

献身的な介護をされているご状況で、

今を最前最高にと、

頑張っておられました。

どんなに頑張っておられても、

ご自身中では、

後悔は残るとのこと…

〇〇さま…

いつか、ご自身の中で笑える日が来ること祈り、

かげながら応援しております。

御心痛の中

筆をとっていただき、

ありがとうございました。

生前のマロウちゃんのお写真、

とても、すてきな表情ですね。

※マロウちゃんのママへ

メッセージの方は、

こちらへお願いいたします。

カトウより必ず、

お伝えさせていただきます。

まるまろの最新情報をお届けします