動物通訳士(アニマルコミュニケーター)カトウの思い

今日はちょっとマジめに(笑)

ぜひ!

最後まで、お付き合いくださいませ。

今の世の中では、

人と動物さんが話せることは、

非日常的なものとなっております。

犬語が話せたら…と、

mixiのコミュニティがありますが、

実際にお話ができるようになるなんて、

「夢みたいなことだよなぁ〜」と思ってました。

彼らの伝えたい感情を「言葉」に通訳し、その思いを知った時、

人は、どんな風になるのか?

心とカラダで、その思いを受け止め、

感情を瞬時にイメージして、

体感。涙が出てきたり…

心が切なくなったり愛おしくなったり。

その、人の感情は、瞬間に、動物さんに伝わるので、

彼らはどう感じるのか?

「えっ!ぼくの(わたしの)為に、泣いてくれるの?

「そんなに、好きでいてくれてるの?」と、思ったり??

わたしが動物さんの立場だったら…

自分の事に感心を持ってくれるって、嬉しい!って、

素直に思いました☆

みなさんが動物さんの立場だったら、

どんな気持ちになりますか?

動物さんと一緒に過ごす時間は、永遠ではないこと…

みなさんが思うよりも、

生きる時間のペースは、動物さんは、早く….

この今を「共に生きている」動物家族さんのこと。

どれだけ知り、どんな関わりをしていくかで、

両者の生活充実、幸福感は、

全く違う未来が待っていると思っています。

わたしは、愛犬が失踪し、

アニマルコミュニケーションを知りました。

ペットロスになり…

私自身、自覚しているけど、なんだかわからない状況

必死で彼女を探しました。

もう一回、会いたくて。

ありがとうが言いたくて。

また、抱きしめたくて…

今思うことは…

アニマルコミュニケーションを、

もっと早くに知っていれば、

彼女との暮らしの中で、

彼女目線を大切にでき、

私も、突然の別れにしっかりと向き合え、

これまでの日々に自信をもてたと思います。

なぜそう思うか?

「家族」だからです。

動物さんだから、

「そんなこともあるよ」と…

声にならない声を、当時、感じました。

それが、「人」だったら….

「そんなこともある」って、

納得できますか?

失って気づく気づきは、学びとなり、

これからの未来へにもつながる何かが、

あると思います。

でも、それは、私だけでいいと思いました。

悲しみも必要ことだけど、

たくさん、深くはいらない。

多くの方々に、

アニマルコミュニケーション(動物通訳)に出会って、

「知って良かった!

こんなことって、あるんだね!」と、

笑顔からの始まりを体感して欲しい!

と、カトウは思います。

そこから始まる生活には、

たとえ、辛い事があっても、

乗り切るすべを、持つ事ができると、

私は信じています。

問題行動も、案外、問題行動で無い事も。

理解できないから、問題行動になる….

まるまろのペットシッターに、

アニマルコミュニケーション(動物通訳)が

を取り入れているのには、

両者の愛を形にするお手伝いに、

こだわっているからです。

人と動物さんの「今」が、

未来の暮らしを作ります。

アニマルコミュニケーション(動物通訳)は、

なにも困ってないから必要ないじゃないんです。

家族のコミュニケーションは、

普通に、日常的に繰り広げられてます。

それは、必要ないですか?

まずは、我が家の動物家族さんを、

心ごと「ギュッ」と抱きしめてあげてくださいねっ♡

動物通訳は、

遠隔で可能なので、

全国の方へご対応可能です!

詳細はこちら

3/11 鈴木綾香獣医師セミナー

アニマルコミュニケーション(動物通訳) 

イベント開催します!

詳細は こちら🐶🐈🐰

Rちゃん
Kくん
Sちゃん
Rくん
Kちゃん
Sちゃん
Aちゃん
Mちゃん
Hくん
Bくん

まるまろの最新情報をお届けします